どうじゃろーこうじゃろー

マサボンが管理人になっちゃった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

インディ観戦記 その2

前回は明石市までの行程を書きました。


明石市を抜けると、

神戸、芦屋、甲子園の西宮、

そして、今日大活躍だった小林可夢緯選手の故郷、尼崎を経て

大阪へと至る。

が、すでに日は沈み暗くなっていたので見えるのは道の周りだけ

夜の都会を淡々と進む。


大阪市に入ったのが確か午後8時を過ぎていて、さすがにお腹がすいてきた。

広島を抜けたところからここまでノンストップ。久しぶりの大阪だが今回は通過地点。

コンビニでトイレをすませ食料を買い込み、すぐに出発。


普段の走行では満タン450Kmには届かない燃費のアクティだが、

この時点でその距離はすでにオーバー、

しかしメーター読み4分の1を少し下回るぐらいガソリンが残ってる。

スロットルの開け方でここまで燃費に影響するのかと、ちょっとビックリ。

半分以下の開度がほとんどだったからなぁ。


梅田に入り2号線とはお別れ、1号線に乗って京都へ。

京都を抜けることができるぐらいの燃料は残っていたが、

安全を考えて京都市に入る前に給油、600km弱走った。


京都市に入るが夜なのでらしい風景は何も見えない。

すると1号線は東寺にぶつかり右折。

残念ながら5重の塔は見えなかった。

500m走ると1号線は北へ左折、

このあたりの地図をみると京都駅の真近く通過していたことに今更ながら気づく。

西本願寺を左に見ながら走っていると、堀川五条交差点に差し掛かる

ここは9号線の起点、西に向かうと山口市小郡に至り2号線と合流、最終的に下関に到達する。

「こっちに行くと山口か・・・」少し感慨深い気持ちになったが、東へ。


夜の京都を抜け滋賀に入ると建物の数が減ってきて何だか心細くなってきた。

もう少し走ってビジネスホテルを探そうと思っていると、

ナビで琵琶湖のほとりを走っていることに気づく

琵琶湖の上なのか、瀬田川の上なのかわからないが、瀬田川大橋を通過し

なんだかんだで草津まで到達、さすがに疲れて来た。

もう日付も変わってるから当然だ。

ビジネスホテルを探すが皆満室。

最後の手段、ラブホに入ることにした。

ベッドは当然ダブルだし、

風呂は洗い場がちゃんとあるし、

ビジネスホテルより快適じゃないか。

僕は枕が変わると全く眠れなくなるのだが、相当疲れたんだろう、

風呂に入って歯を磨いたら、コテッと寝てた。


これで1日目は終わり。

スポンサーサイト

IRL | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Bad Horsie | ホーム | Rockin` in the Free World>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。