どうじゃろーこうじゃろー

マサボンが管理人になっちゃった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

インディジャパンファイナル

9月18日にツインリンクもてぎで決勝が行われた、インディジャパンファイナルに行ってきたので、

そのことについて、レポートというか、顛末記を書いてみる。


去年は観戦に1週間かけることができたけど、今年はわずか2日。

おまけに車で行ったので、かなりの強硬スケジュールになってしまった。

土曜の朝、夜勤開けに身支度をさっと済まして、高速道路を東へ。


しかし、岡山から兵庫にかけて大雨の為に山陽自動車道は通行止め。

岡山に入ってから中国自動車道に乗り換えるにはかなり遠回りになる。

広島ジャンクションからならかなりロスは小さい。

結局広島ジャンクションが近づいてきても状況変わらず、中国道へ進路変更。


古い道なので曲がりくねってアップダウンもキツく、雨もあり走りずらい。

1時間弱をロスすることになってしまった。


名神からは、春の滋賀出張で何回か走った見覚えのある道。

新名神は新しい道なので、非常に快適。

疲れているはずなのに気持ちよく走れ、目が覚めるほど。


東名阪から伊勢湾岸へ、

海からの風が強くハンドルをとられまくり。

途中何かが当たった大きな音が。

後で分かったのだが、フロントガラスに飛び石でヒビが入っていた(ToT)


東名に入り御殿場を通過すれば、そこから先は初めての道。

でも、疲れていたのと日も落ち暗くなっていたのでワクワク感は無い。

それにしても、静岡区間は長い!


東名を走り抜け、首都高へ。

走り慣れてないとあぶないイメージがあったので、かなり緊張して突入。

するといきなりの大渋滞。

いつも渋滞しているというイメージもあったので、いきなり洗礼を受けたと、テンションダウン。

原因は事故処理によるもので、現場を抜ければびっくりするぐらいスイスイ。

でも、どこをどう走っているのかはさっぱり分かっていないので、ナビの道案内の音声に最大集中。

途中、アサヒビール本社屋上のオブジェや、スカイツリーを暗がりの中で見ることができ、東京だ~と実感。


そして、もてぎまでの最後の高速道、常磐道へ突入。

暗くてまわりが見えないのと、カーブと起伏の少ない道で、印象薄い。


水戸北スマートICを降りて、もてぎへ。

ナビタイムで検索して、東北道を通って行くよりもこっちが近いと出たので、従ってみたけど。

本当に高速を降りてからはあっという間に着いた。


14時間を超えたが、なんとか日が変わる前に着くことが出来た。

キャンプ場に着くと、みんなが笑顔で「お疲れさ~ん」と迎えてくれた。

やっぱり持つべきは友、嬉しかったなー。


到着までの顛末はここまで。

スポンサーサイト

インディ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<インディジャパンファイナル その2 | ホーム | 続く不調>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。