どうじゃろーこうじゃろー

マサボンが管理人になっちゃった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

The Flame



スポンサーサイト
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2010WTCCラウンド21・22at岡山 土曜日編

始まる前は、季節外れの台風が接近、上陸の危険性まであってヤキモキした今大会。

土曜日の朝、台風はなんとか逸れてくれて、曇天で夜の内に降った雨で路面が濡れているものの天気回復の予感。

SN3L0010.jpg

今年の併催はフォーミュラBMWパシフィック。 K1200RSというバイクのエンジンを搭載したジュニアフォーミュラ。 小さくてキビキビ動いていい音してました。

DSC00746.jpg
SN3L0012.jpg

場内放送では注目選手として、16歳の為日本のライセンスが取得できない為フィリピンで取得しフル参戦している桜井孝太郎選手を紹介していましたが、
主役だったのは今季FCJで12戦中WTCC開催時10戦終了して8勝2位2回と圧倒的な速さ強さでチャンピオンになった、中山雄一選手。
(この時まで全くFCJをフォローできていなかったので知らなかった・・・)
初めてのマシン、初めての岡山国際(!)で予選みごとにポールを獲得。

午後のレース1決勝も序盤はテールに食らい付かれていたものの、後半はじりじり引き離すことに成功、ポールトゥーウィンをやってのけました。
DSC00755.jpg

このフォーミュラBMW、台数も多いしあちこちでバトルしてるし結構面白いレースです。
2年前に併催されたフォーミュラアジアV6(FルノーV6のアジア版ね)は高速パレードときどきコースアウトを見せられただけだったのでグッドチョイスだと思います。鈴鹿でもフルコース走らせたら面白いかも♪

WTCC予選はBMWワークスがエースにポールを取らせるべくアンディ・プリオール選手をアウグスト・ファルファス選手が引っ張る形で周回、
みごとコースレコードでポールポジションを獲得!ファルファス選手も2番手に入りフロントローを独占。
その後ろに来るかと思ったクルーズ勢だったが、3番手にハフ選手が食い込むもののその後ろには、自分が1番注目していたタルキントン選手が、
5、6番手には開発の止まったセアト勢のミケリス選手、タルキーニ選手が食い込み、さらにその後ろに残りのクルーズ勢、
しかしポイントリーダーが意外に伸びず7番手メニュ選手8番ミューラー選手。

日本に馴染みの深いトム・コロネル選手はセアト勢最下位の16番手に沈んでしまいました。

DSC00735.jpg
DSC00723.jpg
DSC00733.jpg
DSC00736.jpg

土曜日のスケジュールが終了、このままサーキットに留まり車中泊することも可能、しかし¥7875を払わなければならず、しかもお風呂に入れない。
暖かい布団も無い。

それは嫌なのであらかじめ津山市の旅館に予約をしていたのでそこに向かいました。

素泊まりで¥4000弱、そこは古い民家を改造したような所で大変居心地がよく、部屋も風呂もトイレも清潔で
普段、枕がかわると眠れなくなるのにグッスリ休むことができました。
ネットで予約した時、ここは食事もおいしいらしい書き込みがあったけど素泊まり予約しか残っていなかったので食べることができなかった。
機会があれば食事込みで予約したいと思ってます。

モータースポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

フォーミュラニッポン観戦記atAP その4

か~なり間が開きましたが、その4いってみたいと思います。

GTのレースが終わりFNのマシンがコースインしていきます。

DSC00695.jpg
ポールの大嶋選手から最後尾の松田選手まで整列。


波乱のレーススタート!

大嶋が大きくホイールスピンし出遅れ、これをきっかけに多重クラッシュ発生!!

ダンデライアンのデュバル、伊沢、無限の井出、TOM`Sの大嶋の4台がその場でリタイヤ。

井出選手が伊沢選手に乗り上げる形になったので心配しましたがケガは無し、よかった。


そういえば、2年前真夏の鈴鹿第2レース、スタート直後の大クラッシュ、井出、伊沢両方ともいましたよね。

あの時ほど大きいものでは無かったのですが、背筋が寒くなる一瞬でした。


後で知ったんですが、ルマンの石浦選手もサスペンションをヒットしてアライメントが狂って苦しいレースだったらしいのです、そうは見えなかた・・・


クラッシュしたマシンの撤去のためセーフティーカーがコースイン。

この間にタイヤ交換義務を消化するためにTOM`Sロッテラー選手、インパルオリベイラ選手などがピットイン(その他は忘れてもうた・・・)

その後隊列が整った時、先頭にいたのは・・・

山本尚貴!!!

スタートで8番グリッドからジャンプアップし2位に、その時トップだったロッテラーがピットインでトップへ。

夢じゃなかろうか~、いやいや目の前を先頭で通過してゆくのはカーナンバー31!


セーフティーカーがピットインし、レース再開。

その後も部長はトップをキープ、2番手平手、3番手塚越、この3台はほぼ等間隔。

あ~気が気じゃない。何も起こるなよー、このままなら確実に表彰台はいける!

そしてステイアウトしたマシンたちがピットへ(順番忘れた・・・)

31もピットへ、

ジャッキアップ、4輪交換と同時に燃料チャージ、ジャッキダウン、リグが抜かれてさあーいけーーー、

あれ?動かない、メカがスタータ-を差し込んでる?

ストールしたー!!!

足から力が抜けてった・・・


その後、平手選手はエキゾーストのトラブルで大きく後退、小暮選手はステアリングが壊れてコースアウト、松田選手は第2ヘアピンに向かう途中に単独スピン、

準地元の井口選手はタイヤがタレてペース上がらず苦しいレース。

そして、チェッカー。

優勝は、フリーも予選も最速だったアンドレロッテラー。

DSC00698.jpg

2位はそんなに速い印象は無かったけど、決勝はずっとロッテラーに付いていったJPオリベイラ。

3位はスタートのマルチクラッシュでダメージを受けたマシンをコントロールし切った石浦宏明。

部長は、広大君のスキッドブロックの摩耗過大による失格もあり5位フィニッシュ、

DSC00700.jpg
ピットに戻る後姿が何とも・・・(ToT)

今回マシントラブルでリタイヤした小暮君、これがチャンピオンシップに大きく影響するんだよなぁ


レポは以上です。


思ったのですが、APのホームストレート、バンプがひどい。

井出っちのグリッド(次生君の前)の所にも大きいのがあって、マシンが通過するたびにブロックが削れて白煙が上がってた、

他にも、地下道が通っているところとか何か所も。

改修の必要性感じるのですが、ねえ、Kwasakiさん。


フォーミュラ・ニッポン | コメント:0 | トラックバック:0 |

Alone



Bad AnimalsBad Animals
(1990/10/25)
Heart

商品詳細を見る

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

坊さん、走る。

更新が滞っている間に、

WTCCがあり、

FN鈴鹿があり、

築城基地航空祭があり、

TCMがあり、

いろんなイベントに行きまくりました。

インディレポとAPFNレポも途中だし、何から手を付けようか・・・


そういえば、土日に家に居るの久々、レポは土日だな。


全然話を変えて、

わたくし、男のくせに便秘です。

痔の手術を受けているからかもしれませんが、

便秘です。

苦労してひねり出したものは、うさぎのみたいな水分カラカラの

便秘です。

薬を飲んで、全部出た後はまた

便秘です。

ヨーグルトなど乳酸菌の類も試しましたけど

便秘です。

お腹が張って辛い、

便秘です。

あ、もういい、はい。


でも、これを飲むと快腸なのです。いや、快調なのです。

ビール酵母の錠剤

水分量、大きさとも理想的(WEBで調べたらそうだった)

1日食後3回、1回分が10錠と量が多く飲みにくいところはありますが、

便秘です。

から、解放されました。

人により効く効かないがあるかも知れませんが、試してみるのも一考かと。

それ以外の効能もあるみたいですが・・・





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。