どうじゃろーこうじゃろー

マサボンが管理人になっちゃった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フォーミュラ・ニッポン観戦記atAP その3

前回はF3レース終了時まででした。

次はピットウォークと同時にGT3・GT4がグリッドへ。

今回のピットウォークで思ったのは、F3チームの非協力的なところ。

レースが終わって早く帰りたいのはわかる、ファクトリーからも遠いところが多いだろうから、

けどピットウォーク中に撤収作業は無かろう、ドライバーもほとんど姿を見せなかったし。

愚痴ってしまいました。

ナカジマレーシングの2人は長い時間サインをがんばっておりました。

当然、部長の列にならび、サインをもらいましたが、F3時代とはけた違いのサインをしなければならなくなり余裕がないように見えました。

F3のときは話しながら何枚も写真が撮れるくらいのんびりしてたからなぁ、遠い存在になったようでちとさみしい。

と、そのときF3Nクラスのチャンピオンの表彰式が始まった。

DSC00691.jpg
表情かたい、しょうがないよな、直前のレースは最悪の結果だったから。

でも、一番大切な結果を残したことは事実。とびきりの笑顔が見たかった。(酷だっつうの)

インタビューなども終わり、式は終了。

下ではお母さんが待っておられました。

小林君がポディウムから下りてくるとお母さんとしっかりと抱擁。

するとお母さんの目から大粒の涙、よかったねと声をかけられると、小林君の目にも涙が。

シリーズ後半、勝てなくなって気が気じゃなかっただろうし、つらかったんだねホントに。もらい泣きしそうでしたわ。

サインをもらって、来年のことを聞いてみたけれど何も決まって無いそうです。が、ステップアップは間違いない。

来年、どのマシンに乗っているか楽しみです。

おめでとう、小林崇志選手!


ピットウォークも終わり、自分たち観客はコース、ピットから退場すると、

GT3・GT4のレースです、今度は混走。

GT3マシンの顔ぶれは、

ランボルギーニ・ガイヤルド、GT3とLP560の2タイプあるらしいが、よくわからない。

ジネッタ・G50、これも2タイプ、GT3とZ、外から違いがわからない、エアロもいっしょ。

フェラーリ・F430GT3

ポルシェ・911、997GT3Cup。3台のうち2台が日本からのスポットだったと思う。

GT3はGT4よりも改造範囲が広く、リアウイング、ディヒューザー、チンスポなどのエアロ装着

エンジンも多分手が入ってる。


スーパーGTと同じように、クラス別に隊列を組ませローリングスタート。

レースの方は、朝のGT4決勝と同じような感じで、接触・コースアウト・ペナルティ・失格、今回も有り。

中には腕が追い付いていない選手もいて、1台のガイヤルドがGT4全車に抜かれたという光景を目にした。

お金持ちのお遊びレースなのかなぁと思っていたら、クラッシュによるセーフティーカーコースイン。

んが、何を間違えたのかGT4トップの前でペースランを始めてしまった、どうみてもGT3の前でしょ。

レース運営までグダグダかよ・・・

セーフティーカーがピットインしてレース再開、GT3のトップが変わっているが、さっきのクラッシュの黄旗区間で追い越したらしく、ドライブスルーペナルティの裁定。

んが、ドライバー全く無視!3周ぐらい後にはブラックフラッグを振られレースから除外されても無視!!

結局、最後まで走り切ってしまった、どういう神経してんだか。

優勝GT3はディランタ・ムラガムア選手・・・・・・・・・どっかで聞いたことあるよなぁ

おー、昔FN乗ってたスリランカ人、そりゃ速いわ、アマチュアの中にプロのドライバーなんだもん。

DSC00693.jpg
ゴール後の様子。

そして、次はFNのスタートを待つのみ、その4に続く。


スポンサーサイト
フォーミュラ・ニッポン | コメント:0 | トラックバック:0 |

フォーミュラ・ニッポン観戦記atAP その2

簡単に済ますつもりが、その2になってしまった。

えー、モバツイで携帯いじってた方が多かったのでマシンの画像は少ないです。

DSC00667.jpg井出っちのとこ 

DSC00668.jpg次生君のとこ(マッチのとこと言った方がいいか)

次はフリー終了後のパドックで

DSC00684.jpgポールシッター大嶋君

DSC00685.jpgケイ君

DSC00686.jpg卓人君、福岡出身なので大応援団がいました。

そして、我らが
DSC00688.jpg部長~


他はとらえること出来ず(泣)


FNのフリーが終わると、F3の最終戦。

このF3にも注目している選手がいます。

前日紆余曲折があってNクラスチャンピオンに決まった
DSC00689.jpg
小林崇志選手

今年の夏、ポッカGTでARTAHSVをポールに導き度肝を抜かさせてくれた彼です。

土曜日のレースはトップの選手がペナルティで降格したため結果優勝でしたが、やっぱり納得いかんのでしょう、

2位表彰台での表情は硬かった。(ASwebに写真があった)

リベンジを願いスタートを待つことしばし、小林君はNクラス2番手。

F3最終戦スタート!

が、いきなり1コーナーでクラッシュ発生、3台がリタイヤとのアナウンス、(自分がいたところはブリッジが邪魔で1コーナーが見えない)

ポールの山内選手と2番手国本選手が絡んだのはすぐ放送席で確認できたようだが、もう1台の情報がなかなか入らない。

ファーストラップを終えた車群が目の前を通過するが、No8が帰ってこない、もう1台は小林君でした。ガックシ・・・Nクラスポールの蒲生選手と接触したらしい。

レース展開はレースサイトの方が詳しいので割愛。

グリッドについた14台のうち6台が接触コースアウトリタイヤという、荒れたレースになりました。

ユニックトラックは大忙しでした。


うわ、こんな時間 つづきはその3で。
フォーミュラ・ニッポン | コメント:0 | トラックバック:0 |

インディ観戦記終わらせる前にFN観戦記atAP!

10月16、17日 オートポリスで開催されたフォーミュラニッポンR6

行ってきましたよ~。

と言ってますが、16日は体調不良でパス、決勝だけのレポートだす。


7時のゲートオープンから時間を置かずにレーススケジュールは進んでいきます。

レースが始まる前にグラスタ裏に行ってみたけど・・・

チーム・ルマンのスポンサー、スノコオイルとダンデライアンのドコモの2つだけしかブース無いし、

レースグッズはべリックが2輪の物を売ってるし、後は地元の食べ物屋ばかり、ここまでしょぼいとは・・・

とっとと撤退、レースしか見るもんねーや。


そのレースですが、FN以外の併催が、F3、GT3アジア、GT4アジア。

GT4は土曜日に2レース、日曜日も2レースと走る走る。


そのGT4のAPでの3ラウンド目の決勝は、8時スタート。

車種は、アストンマーチン バンテ―ジN24と、ジネッタG50。

外観はノーマル、Gr.Nぐらいの改造範囲かな。いい音してます 

DSC00666.jpg

スーパーカーなのですが、レースのほうは、接触、コースアウトはバンバンするし、

ペナルティ無視のブラックフラッグも出る始末・・・おいおい。

写真には7台写ってますが、エントリーは9代。アストンの1台はフロントフェンダー色違うし。

土曜日のレースが想像できちゃいます。優勝は、白人のおっちゃんでした。


次はFNのフリー、ロッテラー選手が2番手を1秒以上も引き離すブッチのタイムをたたき出す。

一発のタイムかと思ったらその後も数回にわたって更新、逃げられるぞこりゃ、

と、そのときデュバル選手がコースアウト、フロントを破損、赤旗が出た。

DSC00673.jpg

ピット脇にトラックから降ろされたところです。

この時点では、ノーズを交換してアライメントチェックだけでOKだったみたい、決勝ではボロボロににるわけですが・・・

後ろに写っているユニック付きのトラック、合計3台いるのですがその後FN以外も大活躍してしまいます。


国内レースで1番応援している山本部長選手ですが、中段グループに位置、ん~。

その後サーキットサファリとなって終了。



深夜になってしまった、続きはまた。


フォーミュラ・ニッポン | コメント:0 | トラックバック:0 |

Soap On A Rope

チキンフットチキンフット
(2009/07/08)
チキンフット

商品詳細を見る


Soap On A Rope Video クリックヒア


音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

インディ観戦記その4

前回は愛知を抜けたところまで。


静岡に入り、海岸沿い出たことにより風景は一変

造りは高速道路、車の流れも一気にスピードUP、距離をどんどん稼ぐ、気持ちいい!

右手には太平洋、初めてみる大洋、ちょっと感動。

沖には派手なオレンジ色の飛行機がえらく低く飛んでいる。

海自のUS1飛行艇だ、救難訓練をしているようで、離着水を繰り返してる、ここらあたりが訓練海域のようだ。

写真を撮りたかったが、車の流れ速くてアブナイ、無理だ!

気持ちよく走っているが静岡の1号線は長い・・・神奈川がなかなか近づいてこない。

うす暗くなってきたが、なんとかここまでは来た。

DSC00603.jpg

久しぶりに生で見る富士山だったが、残念ながら見えたのはこの位。


沼津に入るともう真っ暗、といってもまだ午後五時台、東に移動してきたのを実感していると、

車の流れが急激に悪くなってきたとなと思ったら、進んでいるよりも止まっている方が長い大渋滞に突入。

帰宅ラッシュに巻き込まれたぁ!走り続けるより疲れた。

どの位渋滞の中にいただろうか、長かったように感じたけど抜けた時の時間を見てなかった。


渋滞を抜けるといよいよ楽しみにしていた難所、箱根に突入。

えっちらおっちら上っていくのかと思ったら大間違い、周りの車とばすとばす!

前を走る車に必死になってなんとかついていくと、ナビの標高表示はあれよあれよと上がってゆく。

あっという間に芦ノ湖に到着、窓を開けると冷たい空気が入ってきた、さすがに1000m近い所。

日中に来てみたかった。


次回は、駅伝のコースを下ってゆくところから。




IRL | コメント:0 | トラックバック:0 |

Smoke on the Water



ライヴ・イン・トーキョー [DVD]ライヴ・イン・トーキョー [DVD]
(2006/03/24)
G3

商品詳細を見る

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

インディ観戦記 その3

モテギまでの道のり、2日目。


初日に近畿の東端までたどり着き、移動3日だと観光しても余裕でたどり着けることを確認。

滋賀県草津市のラブホを、朝6時に出発。

車が少なく快適に走行、昔は田畑が広がっていた所に建物が広がったというような風景。

草津の隣は栗東、競馬の栗東トレーニングセンターが有名なとこ。

でも、お馬さんには興味無いのでスルー。


栗東の隣は湖南。

思わず少年探偵の顔が浮かんだ・・・それだけ・・・。


その隣は忍者の里甲賀、忍びの里が見える訳じゃない、・・・それだけ・・・。

ここまでは疲れていないので市の名前が目に入ってきた。


1号線は鈴鹿山脈に到達、このあたりは建物が一切見当たらない。

山の中の1本道、キツイカーブが少なく流れが速い速い。

前の車に付いていくのがやっとの状態で、2台の軽自動車(ワゴンR?)に抜かれた。

山を降りるとそこは亀山、鈴鹿の隣までやってきた。


改修が行われてから行ったことのない鈴鹿サーキット、時間はある、行ってみたい。


DSC00602_convert_20101011204220[1]

来ちゃった・・・

時刻は8時半、開園は10時、新しいグランドスタンド見てみたい、

待ってみた。

開園を待つのは自分の他に、家族連れが1組、子供たちがはしゃいでる。

が、黒い雲がだんだん多くなってきた。

天気予報を確認すると、このあと雨・・・30分の滞在であきらめ再び1号線へ、名古屋に向かう。


四日市に入ったところでポツポツ来て、

松田次生選手の出身地、桑名になると土砂降り、ワイパーが役に立たないことも。

名古屋に入ると雨は上がった。

都心から南に1号線はあるので、高い建物が無く、都会の中を走ってる感じはしなかったが、

工事してるところが多かった。

腹は減ってないし、ガソリンの残量も問題無し。前後に車がいるし淡々と走ってるだけ。

完全に飽きてきた。

こんな感じでやっと愛知を抜け、静岡に入った途端、風景は一変する。



IRL | コメント:0 | トラックバック:0 |

Bad Horsie



エイリアン・ラヴ・シークレッツエイリアン・ラヴ・シークレッツ
(1995/03/24)
スティーヴ・ヴァイ

商品詳細を見る

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

インディ観戦記 その2

前回は明石市までの行程を書きました。


明石市を抜けると、

神戸、芦屋、甲子園の西宮、

そして、今日大活躍だった小林可夢緯選手の故郷、尼崎を経て

大阪へと至る。

が、すでに日は沈み暗くなっていたので見えるのは道の周りだけ

夜の都会を淡々と進む。


大阪市に入ったのが確か午後8時を過ぎていて、さすがにお腹がすいてきた。

広島を抜けたところからここまでノンストップ。久しぶりの大阪だが今回は通過地点。

コンビニでトイレをすませ食料を買い込み、すぐに出発。


普段の走行では満タン450Kmには届かない燃費のアクティだが、

この時点でその距離はすでにオーバー、

しかしメーター読み4分の1を少し下回るぐらいガソリンが残ってる。

スロットルの開け方でここまで燃費に影響するのかと、ちょっとビックリ。

半分以下の開度がほとんどだったからなぁ。


梅田に入り2号線とはお別れ、1号線に乗って京都へ。

京都を抜けることができるぐらいの燃料は残っていたが、

安全を考えて京都市に入る前に給油、600km弱走った。


京都市に入るが夜なのでらしい風景は何も見えない。

すると1号線は東寺にぶつかり右折。

残念ながら5重の塔は見えなかった。

500m走ると1号線は北へ左折、

このあたりの地図をみると京都駅の真近く通過していたことに今更ながら気づく。

西本願寺を左に見ながら走っていると、堀川五条交差点に差し掛かる

ここは9号線の起点、西に向かうと山口市小郡に至り2号線と合流、最終的に下関に到達する。

「こっちに行くと山口か・・・」少し感慨深い気持ちになったが、東へ。


夜の京都を抜け滋賀に入ると建物の数が減ってきて何だか心細くなってきた。

もう少し走ってビジネスホテルを探そうと思っていると、

ナビで琵琶湖のほとりを走っていることに気づく

琵琶湖の上なのか、瀬田川の上なのかわからないが、瀬田川大橋を通過し

なんだかんだで草津まで到達、さすがに疲れて来た。

もう日付も変わってるから当然だ。

ビジネスホテルを探すが皆満室。

最後の手段、ラブホに入ることにした。

ベッドは当然ダブルだし、

風呂は洗い場がちゃんとあるし、

ビジネスホテルより快適じゃないか。

僕は枕が変わると全く眠れなくなるのだが、相当疲れたんだろう、

風呂に入って歯を磨いたら、コテッと寝てた。


これで1日目は終わり。


IRL | コメント:0 | トラックバック:0 |

Rockin` in the Free World



ライヴ・イン・デンバー [DVD]ライヴ・イン・デンバー [DVD]
(2004/07/07)
G3

商品詳細を見る

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

インディ観戦記 その1

やっと取りかかります。

インディジャパン300の舞台、ツインリンクもてぎ。

時間のできた僕は、走行10万キロ間近のアクティバンで

国道2号、1号、4号を走りぬけて向うことを計画

(自転車じゃないですよ、わかる人にはわかる)

といっても、3日ぐらいかかるかなぁとか、

泊まるところはたどり着いたところで見つければ、と

かなりアバウトなもの。


9月14日(火)9時に出発、

広島市の中心部までは前職の関係で何度も通った道なのでワクワク感無し。

そこから先は19の時バイクで1回だけ走った道が大阪まで続いている。


20年以上経った今は、新しいバイパスやルート変更などで、

そのまま辿ることにはならないけれどもワクワクした。

けど、中国地方の瀬戸内側、似たような風景が続いた。


山口と広島を抜けたときツイッターにつぶやいたけど、

下道は燃費がぶち良く、その後大阪までノンストップで走行した為、

つぶやくのをやめてしまった。(心配して下さった方々、ごめんなさい)


昔、道路地図を頼りにバイクで実家に向かっていた当時19歳の僕、

岡山市に近づくがどう走ったら抜けられるかがよくわかってなかった。

日没間近、不安に思っていたら、

先に原チャリで専門学校の寮を出発していた岡山市出身の同級生に追いついた

訳を話すと、わかるところまで案内してくれて助かった。


岡山市にはこういう思い出があるんだけど(まえふり長げー)

カーナビに導かれ、あっさり通過。

あ~カーナビってホントに便利!と感激していたのだが、

兵庫県で予期してない所に導かれてしまった。


姫路を抜けて、2号線加古川バイパスを東進、

道なりに走ってりゃいいやと緊張感なしで運転してたら

緑色の看板に料金所の文字、

え!と思ったら道幅が広くなり、明石西ICの料金所登場。

第2名神に直結!!な~に~!!!

側道があったはずなのに見落としてるし、ナビの案内も聞き洩らしてた。

この時、名阪国道から東名阪に直結されている亀山ICを思い出した。

1号線への降り口が小さくて見落としやすい(現に見落として鈴鹿ICで降りたことあるし)

料金所を通過しETCが反応、行きは通行料払うつもり無かったんだけどなぁ。

その先の大久保ICで降りて2号線へ向った、時間もロスしたような気になった。


ちょっとしたハプニングの後、夕闇せまる明石市を走っていると、

見えてきたのは明石海峡大橋。

でかい、きれい。見る機会の多い関門橋とはスケールが違う。

なんだか得した気分。


長文になったので、その1はここまで。(写真全然撮って無かった・・・)

あー疲れた








IRL | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。