どうじゃろーこうじゃろー

マサボンが管理人になっちゃった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

常夏のセパンでは

F1の開幕前テストが始まりましたが、MOTO GPのテストも始まっています。
セパンテストが始まる前に、フィアット ヤマハの体制と
08年型
YZR-M1の発表会がありました。(写真 GPUpdate.net)
昨年よりフロントカウル上部が丸みを帯び、シートカウル後端は垂れた形に。
当然エンジン、フレームにも改良が加えられているでしょう。

睡魔に負けそうなので つづきはあとで・・・おやすみなさzzzzzz

続きです。
このチーム、MOTO GP No1ライダー ヴァレンティーノ・ロッシ
2年連続250ccチャンピオン ホルヘ・ロレンツォ という強力ラインナップ
なのですが・・・仲が悪いんだよなぁ、ロッシVSビアッジもすごかったですけど。
2人別々のインタビューでお互いのことを聞くと火花バチバチですもんね。
だから履くタイヤも別になった・・・というわけではないのですが

昨年ミシュラン陣営(フィアットヤマハ、レプソルホンダ、LCR、JIR)は苦戦したように見えました(ワークスは結構盛り返したのでそうは思えないのですが)
そこでロッシはヤマハにBS陣営に入る事を要求、
しかしそう簡単にはいかないようでBSからも難色をしめされてしまいどうなるかと思ったら、

チームを、ロッシBS組とロレンツォMI組とに完全に分離、当然データの共有は無し。

ということに、そう、昨年後半のマクラ-レンのようになってしまったのです、開幕前に。

同チームで履くタイヤが違うというと、玉やんがチームポンスに加入した時にありました。
玉田選手はBSの開発ライダーをしていて、MIにデータが漏れるのを嫌って
BSがホンダとチームポンスに別体制を要求したと覚えています。
この体制で、もてぎの日本GP勝ったんですよねぇ、感動したっす。

フィアットヤマハはどうなりますやら。
スポンサーサイト
MOTO GP | コメント:0 | トラックバック:0 |

氷の中からじゃじゃじゃじゃ~ん♪

2輪ロードレースの最高峰、MOTO GP。
ここも動きはじめました。

MOTO GPクラスの先陣を切って08モデルのお披露目をしたのは


ドカティ コルセ! 昨年のチャンピオンです。

駆るは、圧倒的な速さと安定感で若きチャンピオンとなった


ケイシ-・ストーナー  まだ22歳のオージーライダーです。

もう一人は、グレシーニからの移籍


マルコ・メランドリ  去年はRC212Vに泣かされたんだよなぁ。
                                  25歳のイタリアンです。


マシンは デスモセディチGP8  ストーナー曰く
「大きな変更は求めなかった」 ということなのですが

皇帝シューミが ”お遊び” で走らせたのが(といってもスンゴイタイムたたき出したそうです)この
 GP7(昨シーズンのチャンピオンマシン) くらべても・・・変わってるとこわかりませーん。

でもチャンピオンマシン候補の筆頭であることには、間違いは無いでしょう。

MOTO GP | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。